新しいおうち作りの陰で

弊社の新築住宅見積書にもゴミ処理費用の項目があります。1件のおうちを建てる際に出るゴミの量はかなりの量です。それはリサイクル可能なもの、そうでないもの…多岐にわたっています。処理費が高額なもの、それは処理が難しかったりするものになり、金額とは別に処理に携わっている方々の手作業での仕分け、埃にまみれた姿を目の当たりにすると、また違う気持ちにもなります。現場での分別、大事だなと感じましたし、しっかりと分けた方が良いとも感じました。

燃えるゴミは急な坂をバックホ―で持ち上げ、建屋の上部にある大きな穴から投入、右の写真の様な焼却施設で煙と灰になります。
灰は最終的に県外へ運び埋め立てになるそうです。これはあくまで燃えるゴミの話し。

最初は車で運ばれ、入口でトラックから降ろされ、分別作業は人の力・・・
これは過酷な作業です。もっと出す側で分別出来ていればこの作業は不要なんだと痛感します。

一部コンクリートなどは粉砕されて再生し、砕石になりますが、これは見た目は本当の石とは違うので、主に道路の下地の下の方などに利用されているそうです。見た目を求められない部分に使われると言う事です。

これは住宅ではお馴染みの石膏ボードです。新築でもリフォームでも出ますね。処分費がちょっと高いんです。
どうなっているのか?粉砕され、いくつかのプールで他のものと混ざったりしながら真ん中の写真の様に最後は機械に投入、右の写真の様な砂?に生まれ変わります。リサイクルがこちらでも・・・。確かにこの砂、石膏ボードの臭いがしておりました。

こちらは木材。端材、木屑、ベニアなどなど・・・粉砕され、何とプラスチックと混ざり、右の様な肥料みたいなペレットに生まれ変わります。
これは燃料になるんだそうな。製紙会社が主な販売先との事。なるほど・・・。やはり木は良い!!
処分する前段階で先ずは薪として薪ストーブユーザーさんの所で活躍出来るし、更に端切れだったりベニアだったりも、ゴミとして処分された後、このように燃料に生まれ変わっていました。
木はリサイクルされるとても良い材料です!!
それと・・・プラスチックもリサイクルされます。
もう1度プラスチックになったりもしますが、燃料として生まれ変わったりもします。
弊社標準採用の「樹脂サイディング」、これも端材がリサイクルされると言う面で優れています。
一般的な外壁、窯業系のものや塗り壁の下地であるモルタルなど、メンテナンス性だけでも比較して樹脂サイディングが優秀でしたが、いつか、ゴミとしてどうなのか?リサイクル性はどうなのか?
この点を考えても優秀ですね「樹脂サイディング」。

リサイクル性、永続性、次の世代のこども達の為にも・・・
そんな事を考えておうちに使う材料を選べる目を持ちたいと今回感じました。
そうそう、木の板張りも同じ理由でやっぱり良いですよね!!
樹脂サイディングの次に人気の外壁材です、弊社の場合・・・

小さいこと、コンパクトなこと、「将来ゴミになったらどうなんだろう?」って考える事って大事ですね。
梱包がシンプルなこと・・・これも大事ですね。

産業廃棄物処理施設を見学して改めてそんなことを感じました。