松本市神林にて着工したM様邸、いよいよ建て方工事です!

突然の冬将軍到来で雪も心配でしたが、現場スタッフの日頃の行いのおかげ!?でお日様も顔を出してきました\(^_^)/

慎重に玉掛け作業を行い、次々に部材がクレーンでステージに上がっていきます!

「玉掛け」というのは、ご覧の通りワイヤーロープなどで荷物をクレーンなどのフックに掛ける作業のことをいうのですが,

ジブンは前からなぜ「玉掛け」というのか???

フシギに思っておりました(;’∀’)

この際なので、ちょっと調べてみたところ・・・

①掛け軸のバランスや長さを調整するための貴石を使った玉(ぎょく)から由来する説

②丸太をそのままいくつかに切ったその一切れ=一番根に近いものは「元玉」、次を「二番玉」という=この玉を安全に搬送するための技術として言われたとの説

③「玉」というのは大切な箇所、あるいは大切に扱うという意味がある

=大切なものを大切に扱って掛ける、からきている説

・・・などなど!

色々な説があるようです(@ ̄□ ̄@;)!!

玉掛けトリビアでした!

一歩一歩が真剣勝負!

完成すれば見えなくなる部分こそ、

建物の要となる「玉」=大切な部分ですよね!

師走の寒さの中、毎日現場で真剣勝負してくれている現場チームに感謝ですm(__)m!

 

73nei-sun