スペースウェアハウス

Staffスタッフ紹介

スペースウェアハウスのスタッフをご紹介します。住宅部、建装部(オーダーキッチン・家具)、リフォーム部の各スペシャリストがお客様の「心地よい空間から生まれる、心豊かな暮らし」をご提案します。各スタッフが思う「心地よい空間」もご紹介していますので、ご覧ください。

  • 住宅部

    草間 謙次

    草間 謙次
    Kusama Kenji

    住宅部 主任

    新築工事の営業を担当しています。皆様のよりよいお住まいづくりのお手伝いを全力でサポートさせて頂いています。今まで建ててきたお住まいのすべてにお施主様のこだわりや思いが詰まっています。その一つ一つを丁寧に実現し、御引き渡しを御施主様が笑顔で迎えて頂けるよう、日々頑張っています。
    スノーボードが大好きで、毎年冬が来るのが楽しみでしたが、結婚して父親となった今では、かわいい娘たちのイクメンとして忙しい中にも充実した毎日を送っています。家族そろってゲレンデデビューできる日が待ち遠しいです!

  • 武藤 正義

    武藤 正義
    Mutou Masayoshi

    住宅部 主任

    資格
    二級建築士・CASBEE戸建評価員・長野県木造耐震診断士・福祉住環境コーディネーター2級・長野県建築士会ヘリテージマネージャー住宅省エネルギー設計・施工技術者既存住宅状況調査技術者・省エネ改修アドバイザー

    ずっと安心で快適な住まいづくりを基本に、プラスαのご提案を心掛けて一棟一棟、設計しております。
    まずはお住まいづくりへの夢や想いをお聞かせください!
    自宅で猫達とゆったり過ごす時間が何より心地よく、幸せを感じます。

  • 小林 誠

    小林 誠
    Kobayashi Makoto

    取締役 住宅部担当

    資格
    二級建築士、CASBEE戸建評価員、住宅省エネルギー技術者、木造建築物の組立等作業主任者、職長・安全衛生責任者

    建築業界に足を踏み入れ40年余りが過ぎました。経験と知識をもとに、お客様の描いた理想のお住まいに近づけられるよう日々努力を続けております。
    家づくりはお引渡しからが本当のお客様とのお付き合いの始まりです。スペースウェアハウスに頼んでよかった!とのお言葉を頂けることが何よりの喜びです。

  • 広報

    西山 奈実

    西山 奈実
    Nishiyama Nami

    広報

    資格
    インテリアコーディネーター、キッチンスペシャリスト・色彩コーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級

    新築住宅コーディネート、リフォーム提案営業・現場等の仕事を経て、現在は広報担当として会社の新しい顔づくりを進めています。これまでの仕事を通じ、ご縁を頂いたお客様からの「ありがとう」 の言葉が私の大切な財産です。
    おうち時間の増えたこの頃は、週末に我が家でビールをプシュっと開けて、懐かしの80’SMUSIC etc.でタイムスリップするのが私にとって「心地よいひと時」です♪入社当時は幼かった息子と娘も成人し、背丈も態度も(笑)すっかり大きくなりましたが、働く母としての生活経験や、感覚を活かし、お客様と笑顔で繋がれる仕事をしていきたいと思っています!

  • 上條 和朋

    上條 和朋
    Kamijo Kazutomo

    住宅部 大工

    資格
    防災士

    社内大工棟梁として新築、リフォーム、家具工事を行なっています。 防災士でもある目線で、「お客様の快適な空間は安全な現場から生まれる」をモットーに日々、丁寧に仕事に取り組んでおります。
    無事に工事が終わった後に晩酌を楽しむのが、一番心地よい時間です。

  • 手塚 允

    手塚 允
    Tezuka Makoto

    住宅部 大工

    資格
    足場組立

    高校卒業後に大工の道に入り、建設業にたずさわること25年以上となりました。〝細部まで丁寧に取り組む〟を信念とし、内装で隠れてしまうようなところの収まりまで、こだわって仕事をしています。
    また、常に現場の整理、整頓を心掛けていますので、いつでもお客様に入って頂ける現場であることが、自分のささやかな自慢です。人生において、最大の買い物!マイホーム造りの現場を、是非最後まで、楽しんで頂きたいと思います。快適なお家になるよう、精一杯がんばります!
    私自身も、スペースウェアハウスで、マイホームを建てた2児の父です。リビングはおもちゃだらけですが、子ども達と遊びながら、趣味の庭を眺めるのが、一番の癒しになる心地よい時間です。

  • 折井 隆志

    折井 隆志
    Orii Takashi

    住宅部 大工

    松本技術専門学校建築科を卒業し、半年の研修を経て、只今建築大工として先輩達に鍛えられ日々勉強中です。まだまだ未熟者ではございますが、若い力を発揮して、ご期待に応えられるよう精進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
    スペースウェアハウス野球部では全国大会を目指し仲間と共に頑張っています!
    休みの日に大好きな音楽を聴いている時が一番心地よい時間です。

  • 社外協力スタッフ
    (外構担当)

    本郷 恵美

    本郷 恵美
    Hongo Emi

    社外協力スタッフ(外構担当)

    住宅の外構及び植栽等のアドバイスやご提案を担当しています。生活の中で、お庭はどうしても最後になってしまう部分。見て見ぬふりをしているうちに手の付けられない状態になってしまうこともしばしば。そんなお庭を女性目線、主婦感覚でメンテナンスがラクで、かつ機能的でおしゃれな空間のご提案ができればと考えています。
    お客様への提案の参考になればと、本格的に作った自宅の庭でベンチやハンモック、好きなものを置いて、デッキにラグを敷き寝転がったり、本を読んだり。私にとって一番心地よい、癒しの時間です。

  • 建装部

    百瀬 義典

    百瀬 義典
    Momose Yoshinori

    常務取締役 建装部担当

    オーダーキッチン・家具の営業、プランニング、施工を担当しています。
    小さい頃からものを作ることが大好きで、地元ギター製造会社で木や塗装について学んだのち、都内のキッチン会社で数多くの現場を経験し、スペースウェアハウスに入社してからは二十数年目になります。 仕事では大変な思いをすることもありますが、完成後にお客様から「ありがとう」とお言葉を頂けると心から幸せを感じます。これからもお客様に心地よい空間、時間を提供出来るよう、精進して参ります!
    最近は家族でカラオケを楽しむのが心地良く楽しい時間です。これまで「趣味は仕事」と思ってきましたが、休日にはドライブや旅行でリフレッシュしたいと思う今日この頃です。「努力していれば神様はどこかで見ていてくれる」私の座右の銘です。

  • 竹野 和則

    竹野 和則
    Takeno Kazunori

    建装部 主任

    資格
    2級建築施工管理技士

    造作家具やオーダーキッチンの設計・施工・現場管理をしております。 まだまだ分からない事も多く、毎日が勉強ですが、常にお客様の立場に立って喜んでいただける仕事を心掛けております。
    自分にとって一番心地よい時間は、以前は愛猫と過ごす時間でしたが、現在は休日の昼寝タイムです。

  • 小口 匠

    小口 匠
    Oguchi Takumi

    建装部 主任

    サッカー馬鹿オグチです。
    オーダー家具の仕事をさせていただいています。既製品では出せない魅力・機能性をご提案させていただき、お客様だけの世界に一つだけの家具づくりをお手伝いさせていただきたいと思います。
    一番の趣味であるカメラも、これからは我が子専属のカメラマンになりそうですが、好きな洋楽を楽しんだり、家族と旅行に行ったり、レザークラフトで色々な作品を作ったりと、プライベートも目いっぱい楽しんでいきたいです!

  • リフォーム部

    塩原 雄一

    塩原 雄一
    Shiohara Yuichi

    常務取締役 リフォーム部担当

    資格
    2級建築士、宅地建物取引士、2級建築施工管理技士、2級エクステリアプランナー

    大工職人として社会人生活をスタートし、建築業界に携わって20数年・・・。  現場を大切にしたリフォーム営業・積算・現場管理を担当しております。 机の上だけでは分からないことも多いのがリフォームの仕事です。 「現場がキレイで楽しくないと良いものができない」をモットーに、 日々、勉強しながら常にお客様の立場に立っての御提案を心がけております。 休日は息子のサッカーの追っかけをし、それを楽しみに毎日仕事に励んでおります。
    布団に入ってYouTubeを見ながら寝落ちする時間が一番心地良いです。(笑)

  • 矢口 地平

    矢口 地平
    Yaguchi Chihei

    リフォーム部

    資格
    2級建築施工管理技士

    ゼネコン会社への改修工事提案営業、施工管理が主な仕事です。昭和~平成をひたすら駄馬のごとく走り抜き、社会に対応する気力・体力はまだまだ充分です!お客様、現場の職人さん達、これまでご縁のあった方々への感謝の念を胸に刻み、夢と希望を持って価値観の変わってゆく令和の時代を生き抜いていきたいと思っています。
    心地よく感じる時間は、晩酌を楽しみながら夢を思い描き、実行に移す段取りなど考えている時です。

  • 中田 壯

    中田 壯
    Nakata Takeshi

    リフォーム部

    お住まいの住み心地の良さや、オフィスの働きやすい環境づくりへのご要望が多岐にわたる中、快適な空間づくりが実現できるように、職人さん達と連携し、日々勉強を重ねています。お客様からリピートオーダーを頂けたときはとてもうれしいです。信頼をして頂けたことは、今後の励みになります。
    ゴルフ仲間とビールを飲みながら楽しむ時間が、一番心地よいです。

  • 吉江 潤

    吉江 潤
    Yoshie Jun

    リフォーム部

    2021年6月入社、リフォーム営業・施工管理を担当させて頂いております。仕事に関し日々学ぶことは多いですが、常にお客様の気持ちに寄り添い、お応えできるよう心掛けて頑張っております。
    多趣味ですが、何よりスキーが一番好きです。冬はゲレンデに出向き、家族との時間も大切にしております。リフトから晴天の北アルプスを眺めていると何より心癒されます!

  • 総務経理部

    百瀬 あゆみ

    百瀬 あゆみ
    Momose Ayumi

    総務経理部 部長

    総務経理全般を担当しています。 スタッフがスムーズに業務ができるよう、 バックオフィスとして会社を内側からサポートしています。 お客様と直接お会いする機会はあまりありませんが、 感謝の気持ちを忘れずに、日々業務に取り組んでいます。
    自宅で過ごす時間が多くなり、休日は庭のリガーデンを家族とコツコツしています。 DIYしたデッキにあかりを灯した夕暮れの時間が最高に 心地よく、一日の疲れを癒してくれます!

  • 取締役会長

    中田 朝友

    中田 朝友
    Nakata Asatomo

    取締役会長

    地元某ギターメーカーで海外を渡り歩いた経験で培ったビジネスセンスと「木を愛する心」を柱に会社を立ち上げ、オリジナルキッチン製作からスタートし、住宅建築へと仕事を広げてまいりました。これまでご縁を頂いたお客様、協力業者の方々には深く感謝申し上げます。座右の銘は「臥薪嘗胆」です。学生時代の応援歌の一節で「がっしんしょうたん幾とせを過ごしてここに栄えあれ」。そして所属していた卓球部の監督からの檄がいつもこの言葉でした。『苦しい練習に耐えれば卓球の勝利も、苦難を乗り越えれば人生の成功もある』と、この歳になってことさら心に響きます。現在は会社と社員のアドバイザーとして、プライベートではソフトボール・ゴルフなどでリフレッシュ。生涯現役の手本となるべく、頑張っております!

  • 代表取締役社長

    小島 正則

    小島 正則
    Kojima Masanori

    代表取締役社長

    私事ですが、前職は業務用家具メーカーに20年近く勤めておりました。その時代にスペースウェアハウスと仕事を通じて縁が繋がり、我が家を建てることとなりました。その当時は、この会社に勤め、その後に代表者になろうとはもちろん想像もしておらず、1ユーザーの立場で予算や間取り・仕様など、いろいろ親身に相談にのってもらい、とても満足した家づくりができました。その愛着あるマイホームで妻、義母と共に3人の子供を育ててきました。子供たちが成長するまでには色々なドラマもありましたが、私自身も家族も、この家が大好きで、世界中のどこよりも「心地よい空間」です。
    この満足を皆様にもぜひ、お届けしたいと日々思い、仕事に励んでおります!

  • 監査役

    望月 彰

    望月 彰
    Mochizuki Akira

    監査役

    資格
    1級建築士、1級施工管理技士、長野県木造住宅耐震診断士、長野県応急危険度判定士

    代表取締役を退任した後、自宅で「アルテ建築設計事務所」を営みながら監査役をしています。また「NPO安曇野ふるさとづくり応援団」での地域づくり活動・「安曇野案内人倶楽部」で地域ガイドのお手伝いもしています。このような活動の中から歴史や地理などに一層興味を持つようになりました。松本山雅が北信越リーグにいるころから応援しています。地域に密着したチームは愛着が湧きます。住宅会社もそのように地域に愛される存在でありたいものですね。
    自分にとって一番心地よい空間はやはり自宅だと思います。ここにささやかな歴史があり、ざわめきと静寂とドラマがあります。好きな音楽も本も、そして何よりも集まる家族があります。住宅という入れ物はそのような建築物でありたいものです。